トップページ

訪問看護とは

訪問看護とは

「訪問看護」とは、医師の指示のもとで看護師(保健師・助産師)が家庭を訪問して、療養生活と介護の相談、日常生活の支援や精神的援助、主治医の支持・連携のもとに医療的な処置などを行うことをいいます。すなわち、在宅で療養生活をされている方、一人一人の状態に応じた看護の提供を行います。

▲訪問看護にいってきます▲訪問看護の七つ道具です▲訪問はバイタルチェックから始まります

具体的に行う看護の内容

  • 健康状態の観察や指導と主治医への報告
  • 日常生活上の援助
  • 介護指導・介護者へのサポート(レストパイト・精神的支援)
  • 在宅リハビリテーション看護
  • 在宅ターミナル期の看護
  • 認知症の看護
  • 医療機器装着者への看護
▲在宅で使う吸引器ですす▲在宅で吸引する時の用具の1例です▲PEG管理は家族も行えるようアドバイスします。
▲気管切開の処置中です

どの様な対象者にどの様な経過で訪問看護を提供するのか

病院・地域のかかりつけ医・ケアマネージャーなどからの依頼で、訪問看護が開始されます。介護保険による訪問看護はケアプランに基づいた、看護を提供し、介護保険未申請の方や若年者・特定疾患の方は医療保険からの看護を提供いたします。

▲今日は血圧どうかな?▲お薬カレンダーで服薬管理をします▲在宅で吸引する時の用具の1例です
▲縁側からスロープをつけて外に出ます▲在宅人工呼吸器。こんなにコンパクトです▲車椅子に呼吸器をのせて外出もできます
▲縁側からスロープをつけて外に出ます▲パルスオキシメータは訪問看護師の必需品です▲研修風景です
▲訪問看護は研修にも熱心です

訪問看護師になるには

訪問看護師は資格ではありません。
訪問看護師として働くためには、看護師の資格が必要になります。

兵庫県看護協会で「訪問看護師養成講習会」を毎年実施されています。

訪問看護師、これからの展望

  • 認定看護師のカリキュラムができ、専門分野として確立したと言えます。
  • 医療機関で臨床経験を積んでから訪問看護師になることが望ましいです。
  • 訪問看護師は、利用者の体調や病状の変化にも迅速に対応できることが期待されます。
  • 利用者からの信頼度が高く、心身の悩みに関する相談やアドバイスなど、さまざまな場面で看護力を発揮することが求められます。
  • 主治医やリハビリ専門職、ケアマネージャー、ヘルパーなどとチームで連携しながら、利用者が自宅で安心してすごせるようサポートしていく、大変だけれどやりがいのある仕事です。
  • 他職種連携の重要性が理解できるようになり、視野が広がります。
  • 将来的には在宅療養者がこれまで以上に増え、訪問看護のニーズがますます高くなってきます。
  • ステーション数は今後さらに増加しますので、訪問看護ステーション管理者としても活躍の場が広がります。
  • 一人で訪問し判断する仕事なので看護力が磨かれ、色々な場面に対応できるようになります。どのような医療機関や介護施設に転職するようなことがあっても、自信を持って仕事ができるようになります。