トップページ

訪問看護ステーションで働くスタッフの声

せいれい訪問看護ステーション宝塚 豊倉さん

2008年5月12日

せいれい訪問看護ステーション宝塚は、阪神地区の中でも北部に位置する宝塚市にあります。中心部は、宝塚歌劇や手塚治記念館などの華やかな街があり、そのすぐそばには武庫山、光が丘・・・と山や丘に囲まれ、訪問には徒歩、自転車が困難という悪条件の訪問場所です。

現在10人の看護師、2人の理学療法士、事務職1人で120名の訪問をさせていただいております。
スタッフのうち10名は、同じ年頃の子どもを抱え仕事をしているため、入学、卒業シーズン、夏休み等は、休暇の争奪戦となります。

朝は、皆バタバタと出勤。ミニカンファレンスをしていざ訪問!
昼休みは、子どもの悩みや嬉しかったことの話、旦那の悪口とにぎやかな休憩を過ごしストレス発散!!
夕方帰所後は、訪問ケースに関する調整が済むと帰路を急ぎます。

こんな毎日ですが、週に1回、ご利用者様に関するカンファレンスを行ない、活発な意見交換をします。その中で最もよいサービスは何か?私たちに何ができるのかをじっくり考え、計画を立て訪問しています。

昨今の看護師不足の状況は、訪問看護の現場でも同じです。
よく、"訪問看護って大変?難しそう・・"という声を聞きますが、スタッフ皆で協力し、知識を出し合って日々楽しく訪問しています。

少しでも訪問看護に興味のある方!一度近くの訪問看護ステーションをのぞいてみてください。一緒に訪問看護をしましょう!!